オール電化にする

経済的なオール電化が普及しています

最近の新築物件では、オール電化の普及が増加傾向にあります。光熱費の節減を考え、現在ガスを利用している家庭でも、一か所のリフォームをきっかけにオール電化の導入を検討している人が増えています。キッチンコンロはIHクッキングヒーターへ、給湯器はエコキュートへリフォームをすることで経済的なだけでなく、キッチンのように汚れやすい場所にとって、手入れがしやすくなります。しかし一部では、オール電化に踏み出せないでいる家庭があります。電気代は高くないのか、オール電化のリフォーム工事費が結構掛かるのではといった不安です。また、電気ではパワー不足なのではとか、停電時にはすべてが止まってしまうリスクを挙げる人もいます。新しいものを導入する時は不安が付き物です。

一番に復旧するライフラインは電気です

オール電化の導入は、キッチンや浴室などをまとめて工事をすることで工事費の節約ができます。また、給湯器からエコキュートに替えると、国から補助金が支給されます。エコキュートは、熱効率の高いヒートポンプを使ってお湯を沸かします。効率の良さから消費電力が大幅に下げることができ、光熱費の負担が軽くなります。また、心配されている停電時には、エコキュート内のタンク水が非常用水として利用することができます。防災用品として必要な水は、備えをしていても定期的に交換しなければならない手間があります。その点では非常に便利な活用法といえます。停電すると、一番初めに復旧するライフラインは電気です。その点でも、早期にリフォームをしておくことで安心感が得られます。